アロマオイル(精油・エッセンシャルオイル・キャリアオイル)の専門店【エクセレントアロマオイル】TEL:0120-78-6262

● トップページ ● エッセンシャル(精油) ● キャリアオイル ● 消耗品(遮光ビン) ● 買い物カゴ

アロマテラピーの楽しみ方や効能の紹介

  1. トップページ
  2. アロマテラピー

アロマテラピーの楽しみ方や効能の紹介

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花・葉・根・樹皮・果皮などから蒸留法や圧搾法などにより抽出されます。芳香性・揮発性の高い物質で、それぞれのオイルは違った香りや特性を持ち、人の身体に対してもそれぞれ違った効果を持っています。植物の持つ生命エネルギーの凝縮されたものと思っていただいてもよいと思います。
アロマセラピーは、長い間ヨーロッパを中心に行われて来ましたが、今ではアメリカやオーストラリア、香港などでも行われ、日本でもたいへん人気があります。
香りは、人間の本能の中でおそらく最も基本的なものであり、また何よりも人間に影響を与えるものでもあります。私たちの古代新石器時代の先祖は、彼らのもつその鼻で、食べ物を見つけ出し、敵を嗅ぎわけ、発見し、そして伴侶をも見つけていました。
芳香を放つHerbが、料理や健康を維持するための人間の文化生活の中に溶け込んでいくのにはそう長い時間はかからず、芳香植物の持つ特性はその効用や働き、生活の楽しみとして日常生活の一部になり始めました。現代、人間の意識は発達し、物質的なアプローチの行きすぎからホリスティックな自然療法が注目を浴びるようになりました。
アロマテラピーには、複雑多岐に渡る楽しみ方があります。本格的に生活にアロマテラピーを取り入れる為に、アロマテラピーの様々な楽しみ方を学びましょう。アロマを取り入れた生活は、今の生活をより快適にしてくれるでしょう。

エツセンシャルオイル

エッセンシャルオイルの性質
精油には3つの性質があります。何よりも強い香りがします(芳香性といいます)。空気中に放置しておくとどんどん蒸発します(揮発性といいます)。水より軽く、水に溶けにくいのですが、油には非常によく溶けます(親油性または脂溶性といいます)。しかし、油脂ではありません。

エッセンシャルオイルの特製
精油の正体は有機化合物です。天然の化学物質が数百種集まって出来ています。これらの有機化合物は構造や働きによってグループに分けられ、香りや作用に特徴が出てきます。精油は植物の中にある特殊な分泌腺と呼ばれるところで合成され、その近くの袋(油胞)のなかに蓄えられます。その油胞は植物によって葉の表面近くだったり、果皮の表面近くだったりと様々です。

エッセンシャルオイルの特製の安全性
精油は植物から抽出した100%天然のものです。植物の成分を凝縮したものなので十分な知識をもって取り扱うことが必要です。きちんと使用すれば危険なものではありません。

香りのノート(揮発性)とは
「トップノート」・・・最初ににおい立ち、はかなく消える香り(持続時間約2時間)
「ミドルノート」・・・トップノートの次ににおい立つ香り(持続時間約2〜6時間)
「ベースノート」・・・時間がたってほのかににおい、長続きする香り(持続時間約6時間以上)

エッセンシャルオイルの効果と使用例

芳香浴
芳香浴 部屋の中に香りを分散させるこの方法は、主に空間の雰囲気作り、消臭や抗菌、空間浄化などの目的で使われます。バナーの使い方としては、上にある受け皿に水を張り、そこにエッセンシャルオイルを5〜8滴ほど垂らし、ティーライト(ろうそく)を下の部分に置きます。そのティーライトの熱によってエッセンシャルオイルが気化され、空気中に広がり、吸気によって体に取り入れられます。
使用例
空気の浄化 ユウカリ ジュニパー ベルガモット
空気の除菌 ティートリー ユウカリ レモン
リラックス オレンジスィート カモミマイル ラベンダー
Inhalations
蒸気吸入 風邪やせき、のどの痛みなど、特定の目的のある場合に行われます。また、フェイシャルトリートメントでも有効な方法です。
方法としては、一度沸騰させてから少し冷ましたお湯をボウルに張り、エッセンシャルオイルを3〜4滴たらして、顔を洗面器に近づけ、タオルなどを頭からすっぽりと被って、立ち上がる蒸気を吸入します。この方法は、即効性を期待される場合に向いています。作用の強い方法ですし、熱湯を扱いますので、十分な注意が必要です。
使用例
せき ユウカリ パイン
ニキビ ジュニパー ベルガモット カモミマイル
Aroma Bath
アロマバス エッセンシャルオイルを目的に合わせてブレンドし、入浴剤に使用する方法です。
エッセンシャルオイルはお湯を媒体として、お肌から、また、吸気からも取り入れられます。リラクゼーション効果がとても高く、わたしたちを贅沢な気分にさせてくれる方法です。
一般的なお風呂に使うエッセンシャルオイルの量は、一度に5〜8滴ほど。小さじ1杯ほどのキャリアオイルや、カップ半分ほどのミルクに溶かし、入浴の直前に浴槽にたらします。キャリアを使うことで、お肌に満遍なく広がり、余分な刺激を和らげると同時に、スキンケア効果も高めます。また、このオイルを、大匙1杯のバスソルトやクレイにプラスしてオリジナルの入浴剤を作ることも出来ます。
【使用例】キャリアオイル約小さじ1に対してEOs5〜8滴
リラックス ネロリ2滴 イランイラン1滴 オレンジスィート3滴
おやすみ前に ラベンダー4滴 マージョラム2滴 カモマイル2滴
汗ばむお肌に ラベンダー4滴 ベルガモット2滴 シダーウッド1滴
乾燥肌に ラベンダー3滴 カモマイル2滴 ローズウッド2滴
Compresses
湿 布 所的な症状にとても効果的な方法です。
症状によって、温湿布と冷湿布が出来ます。温湿布は、まず、熱めのお湯を張ったボウルにエッセンシャルオイルを5滴ほど入れ、湿布に使う木綿の布(日本手ぬぐいやタオルなどの)を入れ浸します。布の表面にエッセンシャルオイルの油膜が移ったら、余分な水を絞って患部にあて、上からラップなどを被せ、布がずれないように留めて保温します。
冷湿布を作るには、冷たい水に氷を入れたボウルをつくり、そこに湿布用の布を浸します。温湿布は主に、腰痛や肩こり、関節炎などの慢性的なものに、冷湿布は、頭痛や捻挫、むくみや熱を伴った風邪の時に使われます。また、クレイの効果を利用したクレイ湿布も効果的です。
使用例
筋肉痛(温湿布) ジンジャー ラベンダー ジュニパー ローズマリー マージョラム
発熱(冷湿布) ユウカリ ティートリー ペパーミント
Skin Care
スキンケアー エッセンシャルオイルは、使い方によってスキンケアにとても有効に働きます。最も簡単な使用法としては、ベースオイルや無香料のクリームなど基材になるものに、エッセンシャルオイルを適量混ぜるだけというもの。
アドバンスとしては、ベースになるオイルから選んでの手作りも楽しめます。精油使用量の目安や肌質別のオイル&ウォーターを参考に、本来の肌質や、季節によっても変わるコンディションに合わせて、幾通りものバリエーションをお楽しみいただけます。また、お肌のケアと同時に、香りを嗅ぐことによってのリラックス効果も期待できます。
使用例
ノーマルスキン ラベンダー ゼラニウム 
ドライスキン ラベンダー サンダルウッド ローズ
オイリー ベルガモット ティートリー サイプレス
◆参考 肌質別おすすめ精油とキャリアオイル◆
ナチュラル肌 ドライ肌 オイリー肌
エッセンシャル カモミマイル
ゼラニウム
ネロリ
ラベンダー
ローズマリー
ローズ
カモミマイル
サンダルウッド
ネロリ
ジャスミン
ゼラニウム
サイプレス
ユウカリ
シダーウッド
レモン
ジュニパー
フェンネル
ローズマリー
ベルガモット
キャリアオイル 全て スイートアーモンド
ホホバ
マカダミアナッツ
グレープシード
ホホバ
◆希釈率◆
希釈率とは、キャリアオイルに対して精油が何%入っているかを示すもの(精油の1滴は0.05mlです)。
基本的に顔用には1%以下、ボディ用は2%以下で希釈するのが基本ですが、敏感肌の人、子ども、お年寄りはこれよりも低い希釈率にしましょう。
キャリアオイルの量 20ml 30ml 50ml
1%の希釈率 4滴 6滴 10滴
2%の希釈率 8滴 12滴 20滴
ブレンドする精油が決まったらブレンドファクターの数字を基に精油の滴数を決めます。
  • 使う精油  オレンジ・スイート、ラベンダー、ローズオットー
  • それぞれのブレンドファクターオレンジ・スイート=6、ラベンダー=7、ローズオットー=2
  • まず精油の量は、50ccで1%の場合、精油の量は 50×1/100÷0.05で10滴
  • 合計の滴数とブレンドファクターから掛け率を算出
  • 10/(6+7+2)=10/15=0.666
  • 掛け率とブレンドファクターから各精油の割合を算出(少数点以下は切り捨て)
  • オレンジスイート 0.666×6=3.9→3滴 ラベンダー 0.666×7=4.6→4滴ローズオットー 0.666×2=1.3→1滴
  • 足りない滴数分は、滴数の少ない精油に1滴ずつプラスします。
  • ということで、オレンジ・スイート=3滴、ラベンダー=4滴、ローズオットー=3滴
  1. ペーパーショーツ ペーパーブラ
  2. アロマ用遮光ビン
  3. 使い捨てスリッパ・フェィスシート
  4. タオル・大判タオルエステ用
  5. ポータブルベット・各種器具
  6. ビーカー・フェイシャルスポンジ
消耗品と遮光ビン 遮光ビンやクリーム容器また、業務用のガラス瓶から各種保存容器を取り揃えました。
アロマサロンのホームページ 自宅サロンや個人で始めるセラピストにホームページを格安価格で制作致します。